新年会の会場選びにお困りの幹事さんへ|選び方のポイントとケータリング利用についてご紹介

2018年12月24日

 

今回は新年会を成功に導きたい幹事さんに向けて、ポイントとなる会場の選び方をご紹介したいと思います。

まずは会場選びについて、立地、お店と会場の雰囲気、会場の広さ、の3つのポイントにしぼってご説明します。

 

 

会場選びの3つのポイント

 

 

 

立地

 

まず1つ目は立地。

会社から徒歩で行ける近い場所や、会社最寄駅の周辺、交通の便が良い主要駅の周辺が好ましい場所です。

遠い場所だと道中で迷う方がいるかもしれませんし、場合によっては車を手配する必要があるので費用がかかり大変です。

 

少人数の場合は、社内の空きスペースを活用してケータリングで新年会を行うことも人気の手段です。

 

 

 

お店や会場の雰囲気

 

参加者の年齢層や男女比に合わせてお店や会場を選ぶことも大切なポイントです。

例えば女性社員が多い場合は、オシャレでインスタ映えするようなお店を予約したり、自分たちで会場の飾り付けを行う。

年齢層の高い社員が多い場合は、和食で飲み物が充実したお店を選ぶ、という風に、的を絞って考えていくとより選択肢やすいでしょう。

 

 

 

会場の広さ

 

人数によってお店や会場の大きさも配慮しなければいけません。

お店やパーティースペースを利用する場合は、時間を見つけて会場の下見をし、テーブルの配置や雰囲気、利用できる備品などを確認しておきましょう。

余興でステージが必要な場合はステージがあるかどうか、マイクは利用できるか、椅子が人数分あるか、参加者に対して十分なスペースがあるかどうかなど、チェックしておく必要があります。

 

新年会のシーズンになると多くの人が会場を予約するので、良いと思える会場が見つかったら早めに予約することを心がけましょう。

 

 

 

 

新年会におすすめなケータリングプラン

 

 

ここで、新年会にケータリングを利用することを検討中の方に、スタイリッシュ・デリ東京がオススメする料理プランをいくつかご紹介したいと思います。

 

会議室やラウンジ、オフィスや食堂などの社内の空きスペース、会社や駅の近くのレンタルスペース、パーティースペース、大型イベントホールなど、飲食の提供がない全てのスペースで新年会をご検討の方、是非ご検討ください!

 

 

 

[8品] 忘・新年会プラン

 

 

 

 

 

[10品] 忘・新年会プラン

 

 

 

 

まとめ

 

今回は新年会の会場選びのポイントについ紹介しました。

少しでも会場選びについてヒントを得ることができれば幸いです。

ケータリングをご検討の方は、是非一度、スタイリッシュ・デリ東京までご相談ください!

 

 

 

東京で開催する新年会の平均費用はいくら?

2018年12月17日

気がつけば師走ですね。

年が明ければ新年会シーズン到来です!

 

参加するだけだと思っていた新年会の幹事を突然任されてしまった幹事さん、年の瀬に新年会のことで頭を悩ませていませんか?

そこで今回は、新年会の平均的な予算とできるだけ費用を抑えるためのコツについて、ケータリング会社がご紹介します。

 

 

 

新年会の平均的な費用

 

 

一般的に新年会で払っても良いと思う費用は、

仕事→2500円〜4000円

プライベート→3000円〜5000円

と考える人が多いようです。

 

仕事ではなるべく費用を安く済ませて、プライベートでは多少高くても参加したい人が多い傾向にありますね。

ということは、費用が高すぎて人が集まらなくなってしまったら元も子もありません。

 

そのため、新年会の費用はなるべく参加者の負担にならないように、一般的に妥当な予算内に収めるようにしましょう。

 

 

 

 

できるだけ費用を抑えるためには…?

 

 

できるだけ多くの人に参加してもらうためには、の費用を抑えることがポイントです。

しかしここで注意しなければいけないのが、予算だけにこだわりすぎて、料理がイマイチになってしまうこと。

重要なのはコスパの良いプランを見極めることです!

 

 

 

費用を安く抑えるコツとおすすめプランについて

 

 

ここでは費用を安く抑えるポイントについて2つご紹介します。

 

 

〈1〉お店がオススメする新年会向けのプランにする

 

新年会向けに提案するプランは季節の食材が味わえたり、品数が少なすぎないように考えられていたり、まさに新年会にうってつけのコスパの高いプランと言えます。

 

 

 

〈2〉ケータリングを利用する

 

ケータリングを利用すると、場合によっては会場費をかけずに新年会を開催することが可能です。

部署ごとやプロジェクトごとに10〜30名程で行う新年会では、わざわざ居酒屋に移動するよりもミーティングのついでに社内で開催した方が効率的ですよね。

会議室などの空きスペースを活用することで移動時間の短縮になり、業務への支障も減ります。

 

「ケータリングだと幹事が大変なんじゃ…」と思われるかもしれませんが、準備や片付けはケータリングスタッフが行うため、幹事様の手間はとりません。

料理プランもバリエーション豊富で、さまざまなシチュエーションにも対応できますよ◎

 

 

 

まとめ

 

今回は新年会の平均的な費用、費用を安く抑えるためのコツ、ケータリング活用についてご紹介しました。

 

新年会を社内の空きスペースなどでご検討の方は、是非一度スタイリッシュ・デリ東京までご相談ください!

 

 

 

 

当日でも注文OK!? 急なパーティーにはStone Plateケータリング

2018年11月27日

こんにちは!

入社3年目、キッチン事業部のふじぴーです。

 

このブログでは、弊社のホームページから探しきれないほどある様々なメニュー や、「実はこんなサービスもあります!!」といったオプション など、知っていたら得をする(かもしれない!)情報をキッチン目線で皆さんにご紹介していきます!

 

 

 

 

急な集まりにも対応可能なStone Plateケータリング

 

 

11月に入り一気に寒くなりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

 

 

 

 

年の瀬が近くなると、忘年会などの懇親会の機会が増えてきますよね。

会社の忘年会だと日程も決まってることが多いかと思うので、料理や飲み物、会場の手配などは前もって行うことができるのではないでしょうか。

 

 

それでもパーティー終了まで幹事様は安心できないですよね。

 

 

手違いで料理が届かない…

注文した料理が思っていたより少ない…

 

 

しかも、急遽パーティー開催が決まった時の準備は大変💦

 

 

・人数によっては会場を抑えられない…

 

・急すぎていつも懇親会の時に使っているケータリングが呼べない…

 

・居酒屋でも予約がいっぱいで席が確保できない…

 

 

 

幹事を任された方は、いつもなら時間をかけ手配するものをすぐに見つけていかなければいけません。

 

 

 

これってすごい大変なことです

 

 

 

そんな急な予定にもご対応可能なプランができました!

今回はそちらをご紹介します。

 

 

 

ご紹介するのは”Stone Plateケータリング”

 

 

 

 

 

http://stoneplate-catering.com/

 

 

最大の特徴は【東京23区内ならお届けの3時間前からOK!】なところです。

 

いつもなら1か月前ぐらいからケータリングを探し始めるかと思いますが、

当日でも注文OKなんて驚きです!

 

 

パーティー開催数日前に幹事を任されても、このケータリングなら安心して任せられますね♪

 

 

 

 

料理は小さなカップに盛り付けられていて取り分けの必要がありません。

カップに盛り付けられているので一人分もわかりやすいし、見た目もオシャレです☆

これが急な注文で受けてもらえるとなるといいですね。

 

 

それでは、いくつかプランをご紹介します!

 

 

Stone Plateケータリングプラン紹介

 

1,580円アメジストプラン

 

http://stoneplate-catering.com/?pid=136311293

 

 

立食パーティにぴったりのフィンガーフードを最高のコストパフォーマンスで!!!

このお値段でこのボリュームは他には真似の出来ないプランとなっております。

 

プラン内容はこちらの8皿9品。

 

*チーズたっぷりシーザーサラダ

*チキンフライとガーリックポテト

*鴨オリーブのピンチョス

*海老フリットのピンチョス

*ミックスサンドイッチ

*一口ライスコロッケ~トマトソース~

*オニオンリングフライ

*ピッツァ風カナッペ~カプレーゼ風~

 

 

 

取り分けが面倒・食べにくいなどの理由で嫌煙されがちなサラダですが、

こちらの『チーズたっぷりシーザーサラダ』は小さめのカップに入っているので、手に取りやすくドレッシングが足りないなんて心配もありません。

『ピッツァ風カナッペ〜カプレーゼ風〜』は手に取りやすいサイズにカットされていて、立食にも程よいボリュームのお食事です♪

 

この他にもチキンフリットやオニオンリングなどの揚げ物やピンチョスなどがあり、手に取りやすくボリュームもしっかりあるプランとなっております。

ランチタイムの懇親会やガーデンパーティなどにピッタリのプランです♪

 

 

 

 

 

◎2,600円サファイアプラン

 

http://stoneplate-catering.com/?pid=136311526

 

 

生ハムやサラダなどの前菜からデザートまで盛りだくさんのプランです♪

品数は多めですがそれぞれのお食事はオシャレなカップに入っているものが多いので、たくさんのお料理を少しずつ味わうことができます。

 

プランの内容はこちらの11品10皿。

 

*ゴロゴロ野菜の和風サラダ

*野菜のキッシュ

*生ハムとチーズ~オリーブを添えて

*カラフルトマトのカプレーゼピンチョス

*鴨オリーブのピンチョス

*フィッシュ&ポテト

*ミックスサンドイッチ

*小エビとフリット&チーズフライ

*ローストポーク ハニーマスタードソース

*盛り合わせ寿司

*杏仁豆腐のフルーツソースかけ

 

 

 

こちらのプランのサラダは『ゴロゴロ野菜の和風サラダ』です。

新鮮な野菜を食感も楽しめるように一口サイズにカットし、さっぱりとした和風に仕上げました。

『生ハムとチーズ〜オリーブを添えて』は、それぞれの食材の相性もお酒との相性も抜群の3つの食材を可愛いカップにまとめて盛り合わせにしました。くっついてしまって取りづらいということもありません!

デザートは『杏仁豆腐のフルーツソースかけ』です。

つるっと食べることのできる杏仁豆腐は食後のお口直しにもちょうど良いサイズです。フルーツソースも甘すぎず、男性も食べやすい一品です

 

 

 

 

 

 

 

この他にも盛り合わせ寿司やピンチョスなど見た目も華やかで食材にもこだわったお料理が盛りだくさん‼︎

 

 

 

女子会やVIPなお客様を迎えての集まりなどにもお勧めのプランです♪

 

 

 

 

 

その他にも多数プランをご用意しています。

最新情報はHPまたはお電話にてお問い合わせくださいませ。

HP:http://stoneplate-catering.com/

Tel:050-5877-8131

 

急なパーティー開催でお困りの幹事様!

私たちが無事にパーティーを開催できるようサポートしますのでご安心ください♪

 

 

 

 

 

東京で忘年会を開く幹事さん向け|ケータリングの注意点をご紹介

2018年11月20日

今回は、忘年会で初めてケータリングを検討している幹事様に向けて、ケータリングにおける注意点をご紹介します。

 

 

 

□ケータリングについて

 

 

ケータリングは、パーティーなどで料理や飲み物を提供するサービスのことを言います。

屋内・屋外問わず参加者が入れるスペースと料理を置くためのテーブルさえあれば、どこでもパーティー会場にすることができる非常に便利なサービスです。

 

私たちスタイリッシュ・デリ東京では、出前のように料理をお渡しして終了ではなく、料理のセッティングや片付けなど、パーティー前後のサポートもしております。

飲み放題のコースをご注文いただいた場合や、シェフによるライブキッチンのご依頼をいただいた場合には、パーティーのサービスも行っております。

 

 

 

 

□ケータリングの注意点

 

 

ケータイリングを利用する場合、特に注意しなければならない点が2つほどあります。

それは、「パーティーの開始時間」と「参加人数」です。

 

 

 

*パーティーの開始時間

 

ケータリングは、居酒屋やレストランのように注文してから料理が出てくるのではなく、パーティー当日までに事前に人数分の料理を注文し、パーティー開始時間に合わせて料理をセッティングした上でパーティを始めるスタイルになります。

そのため、依頼時間が早すぎたり遅すぎたりすればお料理が冷めてしまったり、準備が間に合わないなどの問題が起こってしまう可能性があります。

 

ウォーマーと呼ばれるお料理を温める機械を使用しますが、時間が経ってしまえばお料理の質が落ちてしまうことは確かです。

温かい料理は温かいうちに、冷たい料理は冷たいうちにお食べいただくのが理想ですので、パーティー開始に最も適した時間設定で依頼しましょう。

 

また、当日の交通状況や天候により業者の提供時間が左右する場合も考えられるので、入念に事前打ち合わせを行っておくことが忘年会の成功に繋がります。

 

 

 

 

*参加人数

 

参加人数を注意点に挙げたのは、忘年会に参加する人数を正しく把握して早めに依頼をしておいたほうが安心だからです。

 

大人数の忘年会では料理の準備に時間がかかります。

パーティー開催が決定していたとしても、直前まで参加人数が把握できていないとケータリングを依頼できなくなる可能性もあります。

 

弊社では、直前にご注文いただいた場合にも対応できるような体制を整えておりますが、場合によってはご希望のプランとは異なる料理をお出しすることになる場合がございます。

納得のいく忘年会に仕上げるためには、参加人数は早めに把握しケータリングを依頼しておくことが重要です。

 

 

 

 

□まとめ

 

今回は、ケータリングにおける注意点についてお伝えしました。

 

スタイリッシュ・デリ東京では、イレギュラーにも対応できるように優秀なスタッフをそろえております。

 

お困りの際はお気軽にご相談ください。

 

忘年会のご相談・ご依頼は、こちら↓

 

 

お気軽にお問い合わせください。TEL:0120-343-898

 

 

お問い合わせフォームは→こちら

 

 

 

 

 

*忘年会・新年会に最適*

 

季節限定コース一覧→こちら

 

 

 

 

忘年会を東京で|ケータリング業者の選び方をご紹介

2018年11月15日

 

「ケータリングを利用しようと思っているけれど、どの業者に依頼したらいいのだろう?」

このようにお考えの方はいらっしゃいますよね。

ケータリングを初めて利用する時は特に、何を基準にして選べばいいかわからないと思います。

 

そこで今回は、ケータリング業者を選ぶ基準についてお伝えします。

 

 

 

□ケータリングについて

 

 

ケータリングは、料理や飲み物を提供する仕出し業務のことをいいます。

大半のパーティーは料理を提供してくれる飲食店で行うことが多いと思いますが、ケータリング料理をセッティングするテーブルと参加者が入れるスペースを用意するだけで、オフィスや会議室、体育館や公民館などをパーティー会場にしてくれます。

場所を選ばないという点では、レストランや居酒屋より利用しやすいサービスだという認識が一般的です。

 

 

 

 

□業者選びの基準

 

 

ケータリングの基本事項を踏まえた上で、次は業者選びの4つの判断基準に着目して考えてきましょう。

 

 

*事前打ち合わせ

まずは、事前打ち合わせをしてくれる業者かどうかです。

ケータリング自体初めて利用する方は、忘年会に適した料理プランや会場レイアウトなどについて不安が多くあると思います。

担当者と会場で事前に打ち合わせをしておくことでどのような忘年会にしたいのかを明確にすることができ、忘年会当日のスムーズな運営に繋がります。

また、料理の試食を実施している業者もありますので積極的に利用し、料理の味を判断基準の一つにするのもいいかもしれません。

 

 

 

*対応の早さ

業者の対応の早さは、業者を選ぶ上で大きな基準の1つとなります。

1つ目の事前打ち合わせの際もそうですが、電話対応から実際の打ち合わせ、そして当日の片付けまで、対応の早さが宴会の成功を導くといっても過言ではありません。

対応が遅いと当日の料理提供時間が遅れたり、人数変更への対応もうまくいかずに問題が起こってしまう可能性があります。

業者とのやりとりの中で、対応について十分に検討した上で依頼しましょう。

 

 

 

*当日のサポート

3つ目の判断基準として、当日どんなサポートをしてくれるのかが挙げられます。

料理提供だけでなく会場準備や片付けまでしてくれるのか、機材の貸し出しはあるのかなど、自分の納得のいく忘年会にするためのサポート体制が整っている業者を見つけ、依頼しましょう。

事前の打ち合わせ、または電話相談などで希望のサポートをしてくれるのかを確認することが大切です。

 

 

 

*リピーターの多さ

リピーターが多いということは、その業者のサービスに満足して何度も使っている人が多いということです。

業者を選ぶ参考に、リピーターの多さや口コミを見ておくことも必要になります。

ネット上の情報に全幅の信頼を置いてしまうのは危険ですが、参考程度に考えて情報集めをしてみましょう。

 

 

 

□まとめ

今回は、ケータリング業者を選ぶ上での判断基準について4つの点に分けてご紹介しました。

忘年会の幹事の皆さま、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

忘年会の開催時期や準備の流れをご紹介|東京の忘年会ならケータリング

2018年11月08日

「会社の上司から、忘年会の幹事を頼まれたけれど、何から始めればいいのだろう」

「いつから準備し始めればいいの」

このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

幹事をするのが初めてという方であれば、不安も大きいのではないでしょうか。

 

そこで今回は、そんな幹事初心者の方向けに、忘年会の流れや準備開始時期など、おすすめのプランと共にお伝えしていきます。

 

 

 

 

忘年会の時期

 

 

 

会社の忘年会であれば、12月の中旬~下旬頃に行われるのが一般的です。

クリスマスパーティを兼ねた忘年会を行う会社も少なくありません。

この時期は様々な団体が忘年会を企画する時期であるため、曜日や時間によっては会場の確保が難しいことがあります。

 

 

 

 

忘年会準備の流れ

 

 

 

忘年会を準備する上で考えなければならない事項は主に3つあります。

開催日時、開催場所、内容です。

 

 

*開催日時

始めに、いつ忘年会をするのかを決めなければなりません。

これは、開催場所や内容を決定するために最初にすべきことであり、参加希望者を早めに確定するためにも必要な情報となります。

会社の忘年会では、目上の人の予定に合わせることが求められます。

宴会の規模にもよりますが、基本は上司や先輩の予定をうかがって決めるのが一般的です。

 

 

*開催場所

開催日時が決定したら、次にすべきことは開催場所を決めることです。

参加者の数や年齢層、予算を考え、どこで忘年会を開くか検討します。

どのような雰囲気で忘年会をしたいのかもふまえて会場選びをすると、当日の進行をスムーズに進めることに繋がるでしょう。

 

 

*内容

開催日時・場所が決定したら、次はどんな内容の宴会にするのかを決めます。

宴会の規模によっては、余興やアトラクションの数が多くなることもあります。

当日すべきことが多い場合は、参加者に当日の流れを把握してもらうためにしおりを配るのもいいかもしれません。

 

 

 

 

準備開始時期

 

 

 

忘年会の準備を始めるのは、だいたい一ヶ月前という幹事さんが多いようです。

しかし、これは宴会の規模によって左右されるため一概には言えません。

大きな宴会であれば参加者把握や会場探しに時間がかかるため、より早く動き始める必要があります。

早い方は一年前から予約をする方もいます。

 

 

*おすすめのプラン

忘年会の幹事になると、やらなければいけないことがたくさんあります。

仕事をしながら忘年会の企画もしなければならないとなると、非常に負担の大きい役割であると言えます。

そんな幹事さんにおすすめなのが、ケータリングを利用することです。

 

料理を置く机とスペースさえあれば、どこでも宴会会場になってしまうケータリングでの忘年会。

参加者数や予算などを相談すれば、プランナーがお客様にぴったりのプランをご提案します。

忘年会当日は、会場の準備から片付けまでスタッフが行うので幹事さんの負担も少なくなり、幹事さん自身も忘年会を楽しんでいただけることでしょう。

 

 

 

まとめ

今回は、忘年会幹事になったらやるべきことやその流れ、おすすめのプランについてご紹介しました。

ご興味のある方は、ぜひ一度スタイリッシュ・デリ東京までご相談ください。

 

 

忘年会の定番料理ご存知ですか?幹事様向けにケータリングをおすすめします!

2018年11月01日

〈忘年会ではどんな料理が喜ばれるのか〉

自分と違う年齢層・性別の方が多い忘年会を開催する際や、そもそも幹事初心者の方にとっては大きな課題ですよね。

 

そこで今回は、そんな幹事さんのために忘年会で定番の料理やその選び方についてご紹介します。

 

 

 

 

忘年会の定番料理

 

 

*鍋料理

忘年会は、12月中旬から年末ごろに行うのが一般的です。

この時期は本格的に寒くなってきて、温かい料理を食べたいと思う人も多いでしょう。

そういった気候的な理由から鍋料理は定番となっているようです。

 

鍋をメインとして考えておけば、あとはお酒のつまみになる枝豆や唐揚げなどを何品か用意しておくことで満足感の得られる宴席となります。

鍋の締めとして雑炊やうどん、ラーメンなどを考えておくとより充実したラインナップになるでしょう。

 

 

*和食

和食の代表である寿司や刺身は幅広い年代からの支持があり、定番の料理となっています。

多くの人が、一目見てどんな料理かを理解できるために、和食は失敗の少ないジャンルだと言えるでしょう。

 

 

*イタリアン

ワインやカクテルに合う料理として、イタリアンは女性からの人気が高くなっています。

前菜として軽くつまめるものからパスタやピザのようにガッツリ食べられるものなど、種類が豊富で見た目もカラフルなものが多く、目で見て楽しめるジャンルの料理です。

 

 

 

 

料理の選び方

 

 

 

ここまで忘年会の定番料理を大まかにご紹介しましたが、どの料理を選んだらいいのかわからない方は多いのではないでしょうか。

ここでは、そんな料理を選ぶ基準となる3点をご紹介します。

 

*予算

まずは、「1人当たり○円程度」という基準を設けておくことが大切になります。

予算をあらかじめ決めておくことで選択肢が絞られるので、選択しやすくなります。

 

 

*参加者の年齢

参加者の年齢が高めなのか、若い人が多いのかは料理を選ぶ大きな基準となります。

年齢が高い場合は和食で日本人に馴染み深い料理を、若い人が多い場合はお腹にたまる料理を多めに、といった選び方をすることも良いでしょう。

 

 

*参加者の性別

参加者が男性か女性かという性別の違いは料理のラインナップに大きく影響を与えます。

女性が多い職場であれば、野菜中心のヘルシーな料理を選んだり、流行りの料理を取り入れたりして女性向けのラインナップを目指すと良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

まとめ

 

今回は、忘年会の定番料理やその選び方についてお伝えしました。

料理選びの基準を踏まえた上で条件に合う飲食店が見つからない、または忘年会を開催したい会場では飲食を提供していなくてケータリングを頼みたい、そんな方は是非一度、【スタイリッシュ・デリ東京】に相談ください。

 

ご予算やお日にち、参加者様の人数や年齢層、どんな忘年会を開催したいかなどをお聞きし、お客様のご要望にあったプランを担当プランナーがご提案いたします。

 

忘年会の新たな形式として、ケータリングサービスをご利用いただける日を心待ちにしております。

 

 

東京で懇親会!ケータリング業者の選び方とは

2018年09月28日

懇親会をケータリングで手配しようとお考えの方の中には、その業者選びについて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

ケータリングサービスをしている会社と一括りに言ってもサービス内容は異なり、どのサービスが最も適しているのかどうかはわかりにくいものです。

 

円滑に懇親会を進行させ、参加者の方が料理に満足してもらうためにも業者選びには注意したいですよね。

 

そこで今回は、「ケータリング業者の選び方」についてご紹介します。

 

 

 

 

 

 

料理メニューの豊富さ

 

 

ケータリングの業者選びの際には、まず料理のメニューが豊富であるかどうかを確認するのがオススメです。

 

見た目が華やかで、さまざまなシチュエーションに対応できる品揃えがあるかどうか、また、ボリュームも多い料理のメニューが豊富にあるかどうか、というのはチェックポイント!

 

懇親会に用意された料理が華やかだとその空間をも含めて華やかにすることができるので、懇親会自体も盛り上がりやすいことでしょう。

 

特に女性が多い場合は、インスタ映えするフォトジェニックな料理を用意すると良いですね。

 

また、飲み物も定番のドリンクだけでなく、ワインやカクテルなど豊富に提供できるかどうかも確認する必要があります。

 

料理もドリンクも多くの人の好みに沿うためには、やはりメニューの豊富さが肝心です。

 

 

 

 

 

 

料金

 

 

料理と飲み物の費用にオプションなどを加えると、合計の費用がいくらなのかわかりにくくなる場合があります。

 

そのため、注文の際には見積もりをお願いし、その詳細について事前に確認させてくれる業者を選びましょう。

 

事前に確認をすることで参加する一人あたりの費用はいくらになるかを計算することができますし、過剰にオプションを付けていないかを確認することもできます。

 

また、業者間とのトラブルも回避できます。

 

 

 

 

 

 

どこまでサービスしてくれるのか

 

 

ケータリングは、料理の手配からセッティング、撤収、後片付けまでをしてくれる場合がほとんどです。

 

しかし、この撤収までの作業やスタッフ派遣料などがサービス料として別途必要となる場合があります。

 

スタッフの派遣もサービスとしてコースの料金に含まれている業者の方が会計の管理もしやすく、またサービスとしてとても魅力的であるといえます。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

以上、ケータリング業者の選び方についてご紹介しました。

 

ケータリングの業者を選ぶポイントとして大切なのは、料理の豊富さと料金がわかりやすいかどうか、そしてスタッフがどこまでサポートしてくれるかです。

 

懇親会を無事に成功させ、参加者の全員に満足してもらうために、信頼できるケータリング会社に注文したいものですよね。

 

ケータリング手配をお考えの方、お悩みの方は、ぜひ一度スタイリッシュ・デリ東京にお問い合わせください。

 

東京都内を中心に、神奈川県、千葉県、埼玉県の多くの方々にもご利用いただいているスタイリッシュ・デリ東京なら、さまざまなシチュエーションに対応できる豊富なメニューをご用意、さらにスタッフ派遣は無料です!!

 

 

 

 

ハロウィンパーティーをするならどっちがいい?ケータリングとデリバリーの違い

2018年09月22日

10月31日のハロウィンに向けて、これからハロウィンパーティー開催しようと考えている方が多いと思います。

 

 

 

 

しかし、懇親会のような通常の集まりとは異なり、仮装がメインとなるハロウィンパーティーでは会場選びが重要になってきます。

 

近年ハロウィンパーティーでメジャーな会場はレンタルスペースやパーティースペースといった、貸切で会場丸ごとレンタルできるスペース。人気の理由は会場内で着替えを済ませられるからです。

 

ただ難点なのは、料理やドリンクの準備を自分たちで行わなければならないこと。

そこでお役立ていただきたいのがケータリングサービスとデリバリーサービス!

 

今回は、「ケータリングとデリバリーは同じサービスでしょ?」と思っている方のために、「ケータリングとデリバリーの違い」についてご紹介します。

 

 

 

 

 

デリバリーサービスとは?

 

 

デリバリーサービスとは、注文した料理を指定した場所に届けてくれるサービス。分かりやすい例えとしては、ピザの配達が有名でしょうか。

 

料理を届けるまでがデリバリーのサービス内容なので、お届け以降はみなさんで料理のセッティングや片付けまで行わなくてはなりません。

 

しかし、料理に加え仮装の衣装など、大荷物を抱えてパーティー会場まで運ぶ手間が省けるのは大きな魅力ですね。

 

 

 

 

 

ケータリングサービスとは?

 

 

一方のケータリングサービスは、指定された場所に料理をお届けし、指定した部屋に料理やドリンクをセッティング、パーティー中もスタッフがドリンクサービスなどを行ってくれて、パーティーの終了とともに後片付けまでを行ってくれるのがケータリングサービスです。

 

注文した料理を指定した場所に届けるまではデリバリーと同じですが、そこから先がデリバリーとは異なる点ですね。

 

そしてケータリングサービスは空間の演出もしてくれることが醍醐味です。

 

希望すればテーブルコーディネートもしてくれて、料理プランによってはシェフが目の前で調理してくれたり、寿司職人が目の前で寿司を握ってくれるプランがあったりと、会場を華やかに演出してくれます。

 

 

 

 

 

規模に合わせて決めるも良し

 

 

デリバリーは、小規模のパーティーで食べたい料理が決まっている場合には向いていますが、大人数が参加するパーティーにおいては準備時間の面であまり向いていないと考えられます。

 

そのため、10人以下の少人数の場合はデリバリーを利用し、20名以上の人数が集まる場合はケータリングを利用するなど、パーティーの規模に合わせて利用するのも良いかと思います。

 

 

 

 

 

まとめ

 

以上、ケータリングとデリバリーの違いについてご紹介しました。

 

ケータリングかデリバリーの手配をご検討中の方、また、ケータリングかデリバリーどちらを手配すれば良いのか迷われている方、ぜひ一度、スタイリッシュ・デリ東京にご相談ください。

 

あなたのパーティーに最適なプランをご紹介させていただきます!

 

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県でパーティーをご検討のみなさま、ご相談お待ちしております。

 

 

 

東京で懇親会を行うなら!ケータリングを手配するときの注意点

2018年09月17日

「懇親会はケータリングで料理を手配しよう」

と考えている幹事の方は多いのではないでしょうか。

 

ケータリングは、オーダーをすれば指定した会場に料理をセッティングしてくれて、会の終わりまで完全サポートしてくれる便利なサービスです。

しかし、気をつけるべき点を押さえておかなければ大切な懇親会が失敗に終わってしまう可能性も…では、ケータリングを手配する際には一体何に注意すればいいのでしょうか。

 

そこで今回は、「ケータリングで料理を手配するときの注意点」についてご紹介します。

 

 

 

 

 

開始時間の準備時間の設定には注意!

 

 

ケータリングで最も注意すべきこととは、パーティーの開始時間とケータリングの準備時間の設定です。

ケータリングを手配する際、料理に関しての準備は全て専門のスタッフが行ってくれますが、この準備時間の設定を間違えると最悪の場合パーティー開始時間に準備が間に合わないなんてこともあります。

 

料理によっては温めて提供するものもあるので、ケータリングスタッフは料理を美味しく食べてもらえるベストな時間を計算して準備をしてくれます。

そのため、料理の量や人数、会場の広さにもよりますが、準備時間としてパーティー開始時間の1〜2時間前にケータリング準備時間の設定すると、幹事の方も焦ることなく余裕をもつことができます。

 

準備時間に関しては予約の際に担当スタッフよりアナウンスがありますが、準備時間とパーティー開始時間をどのように設定するかを念入りに検討する必要がありますね。

 

 

 

 

 

料理は偏らないようバランスの良い品揃えで!

 

 

懇親会には多くの人が集まるので用意する料理選びは難しいですが、料理にはできるだけ偏りがないようにバランス良くすると良いでしょう。

 

例えば、幹事の方がお酒が好きだと無意識にお酒に合うテイストのメニューばかり選んでしまいデザートは一品も用意していなかった、ということも起こり得ます。

 

参加者全員がお酒が好きだと事前にわかっている場合はよいのですが、お酒を飲まない方がいる場合や女性が多い場合などはデザートを用意しておくなど、幅広い好みに対応できるよう料理を手配すると全員が飽きることなく料理を楽しむことができるでしょう。

 

 

 

 

    まとめ

 

以上、ケータリングで料理を手配するときの注意点についてご紹介しました。

 

ケータリングは簡単に料理を手配することができますが、準備時間や料理内容に対して注意をしないと思わぬ失敗を招きかねません。

 

スタイリッシュ・デリ東京なら懇親会に限らず、あらゆるパーティーのお悩み相談を承っております。

 

ケータリング手配をご検討の際は、ぜひ一度私たちスタイリッシュ・デリ東京にご相談ください。